北欧風キッチン

欧米風キッチン

ヨーロピアンテイストのキッチン

家を建てるときにキッチンをどのようにするかは、悩むことも多いです。
使いやすいキッチンにしたいのはもちろんですが、毎日使う場所なので、オシャレな感じのキッチンにしたいと思う人もいるでしょう。

システムキッチンにしたり、オール電化でコンロのないキッチンにしたりと、色々とやり方はありますが、その中でも北欧風のヨーロピアンテイストのキッチンにすると言う方法もあります。
北欧風のキッチンは日本のキッチンとは大きく違いますので、さっぱりとしてて統一感があり、とても洗練されたキッチンです。

参考 : 北欧テイストの素敵なキッチン風景

北欧カラー

北欧キッチンにするための最初のポイントは、北欧カラーを取り入れることです
北欧のキッチンは、シンクから冷蔵庫にコンロとすべて同じ色で統一されている場合が多いです。
白やブルーや木目などで統一すると北欧風になります。

白で統一するとクリーンなイメージのキッチンとなり、光が入ってくるとキッチンで反射して明るい雰囲気となります。
ブルーで統一する方法もありますが、すべてブルーにすると冷たいイメージになるので、ベースを白や木目にして、一部分にブルーを取り入れると良いです。
木目を使うと自然なナチュラルなイメージのキッチンになり、安らぎのある空間となります。

北欧風のキッチンにするならシンプルでナチュラルを基本とします。
そのためにキッチンで使う物なども色を統一するようにすると良いです。
キッチンには照明やテーブルやマットなどもありますので、それらも同じ色で統一すると良いでしょう。

北欧風の照明と床

北欧は冬が長く寒さが厳しいので、自然と綺麗な色で部屋をまとめます。
照明を使う場合は日本のように全体を照らすのではなく、必要な部分にだけスタンドを置いたり、スポットライトを使ったりして照明を使います。
照明をつり下げるなら、手元が明るくなるように低くつり下げます。

北欧の床は基本として木材を加工して敷いた場合が多いです。
木をそのまま加工して木目などをデザインとして使う場合や、木にペンキなどを塗って壁や天井のいろと統一する場合があります。
またシンクの周りはタイルを貼り付けている場合もあります。

このようにテーブル近くまでつり下げられた照明と木目のある床が、北欧のキッチンとしては大きな特徴ですが、その他に北欧風の雑貨を取り入れても良いでしょう。
北欧風のデザインのマットレスを敷くだけでも、キッチンのイメージが大きく変わります。
また鍋やフライパンなどを、棚にしまうのではなく、キッチンの壁に掛けて、キッチンから鍋などが見えるようにすると、より北欧風らしくなります。

北欧風のキッチンにするなら、このように壁から床から、キッチンに置く物まで全て北欧風にしないと統一感が無いキッチンになります。