エクステリアデザイナー・ガーデンデザイナー

ガーデニング

仕事内容

庭をデザインして設計するのが仕事であり、個人宅はもちろん、公園や公共の場所もデザインします。
庭師は庭の木を切ったりしますが、この仕事の場合は庭を設計するのが中心となります。
庭のデザインして設計するので、設計技術はもちろんのこと、自然や植物に関する知識も必要です。

実際にはどのような植物を植えればよいか、それをどのように配置するか、エクステリアはどれを選ぶか、庭の構造はどうするか、給水や排水はどのようにするのか、などを決めなければいけません。
まずは依頼主からヒアリングを行って、予算はどれぐらいか、どのような庭にしたいのかなどを聞いて要望をまとめます。
そして、その要望に添って、庭を設計して設置する植物やエクステリアなどを設計していくのです。

また設計が終われば、実際に庭を造っていくのは施工業者になりますが、工事が始まれば現場に足を運んで、図面通りに工事が行われているか、監督もします。
そして修正場所があれば指示を出していきます。
庭を造る造園工事は造園業者が行いますので、その業者と依頼主を繋げる役目もあるのです。

エクステリアデザイナー・ガーデンデザイナーについて

エクステリアデザイナー・ガーデンデザイナーになるには、特に資格は必要なく、誰でも早い段階で仕事は出来ます。
仕事は造園会社や設計事務所などで行うこととなりますので、まずはそのような会社に就職することを目指します。

新卒なら未経験でも雇ってくれるところはあるかもしれませんが、知識が合った方が就職では有利なので、造園系の学科の大学や専門学校で学んでから、就職する方がスムーズに仕事に就けるでしょう。
またキャリアアップを目指すなら、関連資格のガーデンデザイナーやグリーンアドバイザーなどの資格を取得するのも良いでしょう。

仕事を行う場合は、お客さまや工事会社との打ち合わせ、庭の設計、植物を選ぶということが必要です。
この仕事では打ち合わせや相談なども頻繁に行われることとなりますので、コミュニケーション能力は求められます。
また図面を書く能力や、植物に関する知識もなければいけません。

就職して仕事を始めれば、初任給は20万円以下とやや低めです。
就職先はあまり有名な大手はなく、中小企業となるために給与は期待できません。
独立開業した会社だとなおさら給与は低いでしょう。
しかしながら、仕事をして技術と知識を身につけていけば、やがて独立して自分の会社を持つことも可能です。
特に独立するときは人脈も出来ているので、独立して成功しやすいです。
当然のことながら、独立して会社を持ったときに、繁盛して顧客が多ければ雇われて働いているときよりも収入は多くなります。
中には1,000万円以上稼ぐ人もいます。